種類とバックアップ

クラウドといっても様々な形が存在し、大きく分けて3つの種類に分けることが出来ます。IaaSはインターネットを経由して物理的インフラを提供するもので、クラウドバックアップなどはこれに含まれます。

詳しく読む

バックアップの重要性

IT技術を使用した処理が普及し、コンピューターが無ければ回らなくなった現在では、コンピューターによって生成されたデータの扱いも非常に大切になりつつあります。
中には削除しては、消されては困るデータも数多く存在します。困るどころじゃない方もいることでしょう。
幸いコンピューターが生成するデータは簡単に複製することが出来ます。
この複製は単にコピーとも言われますが、この複製データを保安用として保存すればバックアップとなり、もしもの時に簡単に普及することが可能です。
以前はこのバックアップは個人や会社レベルでシステムや設備を構築し、管理するのが一般的でしたが、時代は進み、ほとんどがクラウド技術を利用するクラウド処理が用いられます。

クラウドとはコンピューターのネットワーク構成の1つのことで、大きな線で様々なコンピューターが繋がれていて、その一部から更に細分化されてユーザーレベルのパソコンに繋がるというソランの雲のような存在という意味合いがあります。
クラウドを構築すると、1つ大きな高レベルの専用のシステムを構築したら、それを元に色々な方が利用することが出来る特徴があります。
勿論クラウドを構築するには非常に高度な技術とシステム、そして保守管理が徹底される必要があり、個人や一企業が構築するのには難しくなります。
ただ一度構築してしまえばそのシステムを提供することが出来、クラウドの特徴である細分化された各個人のコンピューターでそのサービスを利用することが出えきます。
バックアップこのクラウドを利用するといちいちバックアップシステムを自前で構築したり、管理する必要がありません。
必要なデータを自動的に効率良くバックアップすることが出来、またその状態を実際の設備を前にしなくても確認することが出来る特徴があります。
バックアップは重要だからこそ、確実にバックアップが実現できるクラウドバックアップが近年注目され、使用されています。

メリット

クラウドバックアップのメリットはバックアップという作業を意識する必要がないことで、復旧にかかる時間も作業も少ないのが挙げられます。またシステム自体を用意する必要が無い点も大きいです。

詳しく読む

料金

プランによって料金は変動してきますが、自前でバックアップシステムを用意するのに比べるとリーズナブルな価格で利用できる特徴があります。またクラウドならではの点として人件費や管理費が不要なのがあります

詳しく読む